tsukinaの日記

自分を認めて好きになる。そんなことも書けたらいいな。基本的に書きたいことをただ書いていく!

妊娠してから自分の軸がぶれぶれ。

というか、軸がなくなってた。

だから、心が揺れやすい。

 

自分の体の中に

血は繋がってるけど知らない人が住み始めて

愛おしさはあるけど

戸惑いもあって、

守りたいけど

どう守ったらいいのかよく分からなくて、

人がいるという実感をしているような

まだ実感していないような…

 

妊娠って神秘的なことでもあるなと感じた。

 

自分の中に自分じゃない人がいるんだから、

そりゃ心も乱れる。

 

中の人を大事に思う気持ちはぶれなくていいのかな。

まだ自分で生きることができない中の人を

守りたくなるのは本能だと思う。

 

でも、あまりマタニティブルーには支配されたくないから

今の状態の自分の軸を構築しよう。

 

そういうふうにできている

さくらももこ  【そういうふうにできている】

 

久し振りに読書。

さくらももこ先生が亡くなってから、もう一度著書を読もうと思っていたがなかなか読書をする余裕がなかった。

少し気持ちに余裕が出てきたので本を読もうと思ったときに、この本を思い出した。

 

さくらももこ先生の妊娠〜出産までのエッセイ。妊娠とは全く無関係なときに読んだことはあったけど、妊娠して改めて読んでみると共感できるできる。

 

妊婦になるとくだらないことも気に障ったり、普段だったらそんなことで泣く?って思うことに対しても涙が溢れでてくるから不思議なものだ。

 

便秘についても共感!!笑

 

妊娠準備本を読むよりも面白いし身近に感じた。

 

妊娠〜出産、そういうふうにできているんだなぁ。妊娠しているせいか、面白さだけでなく心に染みる一節もあった。

元気出た!

妊娠してから

マタニティブルーと言われているもののせいなのか、

やたらと色んなことが気になり、

被害妄想的な思考になったり、

泣きたくなり、

涙が止まらなくなったり…

自己嫌悪に陥って苦しくなってた。

 

もやもやするから、

自分の考えとか感じていることを

文章にして整理していたら

このブログの存在を思い出して

過去に書いたことを読んでいたら

凄く元気が出た!

 

過去の私、良いこと言ってるじゃん。

 

妊娠したりマタニティブルーで

自分の夢や希望をすっかり見失っていたけど、

そういえば私は夢や希望に溢れる人だったじゃないか!

 

休日

アプリでゲームをし、

眠り、

大好きな卵かけご飯を食し、

また眠り、

散歩をし、

ゲーセンへ行き音ゲーを楽しみ、

買い物で悩み、

自分の服を買いに来たはずが

甥っ子の服を買い、

また散歩をし時間に追われてることに気づき、

電車に飛び乗り、

また買い物で悩み、

友人の誕プレに自分では絶対買わないようなコスメを買い、

ウロウロし、

友人と待ち合わせ、

博多料理のお店に入り、

博多料理と関係のないものを食し、

カラオケで歌ってはしゃぎ、

働く戦士達の合間に無理やり座り、

電車に揺られ

最寄り駅まで辿り着き、

小腹が空き、

ハマっているもち麦入りのおにぎりを食し、

家に辿り着き、

寝る前のケアは適当だけどやり、

眠る!!!

 

 

さくらももこ先生

私の読書のきっかけは間違いなく、さくらももこ先生だ。

ちびまるこちゃんのコミックを読んで

まるちゃんが大好きだったのはもちろんだけど

コミックに書いてあるさくらももこ先生の文章だった。

 

そして、初めて文章がおもしろいと思ったのはさくらももこ先生のエッセイ。

 

大人になっても読み返してみてやっぱりおもしろいし好き。

 

子供の頃、りぼんを買っていたのもまるちゃんを読みたかったから。

 

また読み返そうと思う。

 

さくらももこ先生、本当にありがとうございます。ご冥福をお祈りします。